美容室の初回限定割引

「初回限定」の二面性

オープン時にオープン記念のクーポンを発行する手段と言うのは、確かにかつての個人的なお客さんについてきてもらえる、と言う勝算が無伊のであれば、集客には有効な手段です。ですが例えばリニューアルオープン、等の場合に初回割引とか、初来店の割引とか、というものを発行する時には、その割引に対してお客さんは「得をする」と感じる人と「損をする」と感じる人がいる事になります。つまり本当にその美容室に初めて行く人にとっては、その初回割引が適用されるわけですから当然「得をする」訳ですね。ですが既存のお客さんはその割引の適用外、という事になってしまいます。と言う事は「私達は割引適用外だなんて損だわ」と感じるお客さんが出てくることになります。この事は意外に美容室の経営にとっては大切なポイントだと思うのです。なぜなら「損をした」と思う、つまり気分を害してしまったお客さんと言うのは、本来いつもその美容室に通ってくれている既存の大切なお客様だからです。その美容室は見ず知らずの人に得をさせて、これまでお世話になってきたお客さんには損をさせている、という事になってしまうわけです。もちろん新宿 美容室既存のお客さんの中には、誰が何と言おうとこの美容室が良いから値段なんて関係ない、というお客さんもいるかもしれませんが、それでも人が自分と同じ施術を安くしてもらっている、というのは気分の良いものではないでしょう。美容室をオープンさせても、中には「割引」という戦略をとらない美容室も有ります。そういう美容室はまれな存在とも言えるのですが、そういう美容室と言うのはなかなか個性的な経営をしているな、と思います。そういう美容室に限って、店舗もオシャレで店内の雰囲気も普通の美容室以上にインテリアなどにこだわっている感じが伺えたりするものです。どうしてそんなに威張った感じでオープンさせることができるのか、それはその美容室のオープンに関して勝算があるからなんですね。たとえばその店をオープンさせるにあたって、経営者や店長、スタイリストたちは、すでにお客もひきつれてその美容室をオープンさせている可能性も有ります。つまりみなさん前に勤めていた美容室で顧客であった人達が引き続き新しいお店にもついてきてくれる、という勝算が合っての事、と言う場合です。またその他にも何かしら値引きをする必要が無い、という自信があれば、実際に値引きをしない方がstartから売り上げは上がる訳です。最悪なのは、初回限定割引をしたけれども、その後は全く来てくれないお客さんばかり、と言う状態です。つまり割引が無かったら来店してくれる人がいない、と言う美容室だと経営が上手くいかなくなりますね。

 

資生堂
http://www.shiseido.co.jp/