美容室の初回限定割引

お客さんがいごこちの悪さを感じるポイント

美容室で働いているスタッフたちにとって、自分たちの美容室はそこにあって、その現状にある事があたりまえになっていると思います。普通に考えてみても、自宅の自分の部屋、というのは自分が居心地の良いように家具を配置し、ものを収納し、照明の明るさを決め、カーテンや壁紙の色を考えます。ですから自分にとっては一番居心地の良い場所である、と思われます。ですがそこに遊びに来た友人が同じように居心地様さを感じるかどうか、というとその保証はありません。ですから美容室においても、経営者やスタッフが自分本位で作った美容室、というのは、必ずしもお客さんにとって居心地が良いか、というとそうではない事も有るかもしれません。まずはそこを検証、分析する必要があるのではないでしょうか。たとえばお店の看板やポスターは本当にお客さんから見えやすい場所にあるでしょうか。お客さんのための読み物は、お客さんの目につきやすく手に取りやすい場所にあるでしょうか。照明はお客さんにとってまぶし過ぎたり暗すぎたり、と言う事は無いでしょうか。スタッフは決して仕事中に雑誌を読む事は無いでしょう。ですからどこに置いてあってもどんな明るさであっても関係ないかもしれませんが、お客さんにとってはそんな事でも居心地が違ってくるものです。カラーリングをする人たちは主に若い人たちが多いのですが、そういう人たちにとってカラーリングを美容室でしてもらう料金と言うのはかなり負担だと思われます。出来るだけ安い井土ヶ谷 美容室で、とか美容室に行かないで自分でカラーリングをしよう、と考えるのは若い人たちが多いと思われます。本当は一番髪の毛に関する事にお金をかけることができるのは50代や60代の人たちだと思うんですね。ですがそういう人たちがカラーリングを望む事は、だんだんと減ってきている、とも言われています。その一つの理由として、その年代の人たちは、髪の毛の悩みとして薄毛や細毛に悩んでいる人が多いんですね。そうするとその悩み故にそんな髪をして美容室に行きたくない、と言う感覚になっている人たちが多いのではないでしょうか。ですからカラーリングに限らず、美容室で美容師さんにその薄毛を見られるのが嫌だ、薄毛の話をされるのが嫌だ、という人が結構多いのだと思われます。もっと薄毛や細毛になる事に対しても、美容室が積極的に関わり、悩みの相談の場になったり、薄毛や細毛に良いケアをしてもらうのが値前の場になるとよいですよね。皆が抱えている当たり前の悩み、という感覚になれば、美容室の方でその悩みを受け止めてもらう事もハードルが低くなるのではないでしょうか。