美容室の初回限定割引

賢いお客さんの行動

美容室に行く事を買い物をする事と同じだ、と考えると、最近のお客さんの買い物の仕方はとても賢くなってきていると言えます。おそらく多くの人が、こだわりの買い物をする時には、まず自分が「これが欲しい」と思う物に目を付けるはずです。たとえばその商品を高級デパートで見つけたとします。そこで即決でその商品を買う人、というのは最近では少ないのではないでしょうか。おそらく多くの人がその商品の事を記憶したり、品番をメモしたりして一旦はその店を後にするでしょう。そしてその商品についてネットの情報や、他の店舗でも診てみると思うのです。そして同じ商品ならば一番安く買うことができるお店で購入するでしょうし、似たような商品がとても安く販売されていたら、そちらを選んで買うと思われます。つまり美容室に行く事に関してでも同じような事が言えると思うのです。イマドキのお客さんは賢い目を持っています。高級な美容室で作ってもらった、と言うスタイルを実際に見たり、ヘアカタログで見つけたりすると、それをもっと安い料金で作ってくれる美容室を探すと思うのです。たとえばカラーリングなどは、自分の気に入った色になれるのであればホームカラーでもいい、と言う考え方をする時代です。そういうお客さんの心理と言うもの美容室側は知っておかなくてはいけませんね。戸塚 美容室はいまや髪を切るだけではなくて、髪に関するケアについてもお客さんの要望に応えなくては、他店との競争に勝てないような時代になっていると思われます。ですが難しいのは、実際にはカラーリングとかパーマとか、本来髪のケアを考えるならば、繰り返し行う事を推奨すべきではないメニューをお客さんに薦めなければ、美容室の売り上げは上がりません。ですから本当なら「髪の毛のプロ」であるはずの美容師たちも、美容室の経営を考えるならば「どうやって商品を売るか」と言う事、つまり「いかにお金を使って施術を受けてもらうか」と言う事を考えなくてはいけません。髪のケアを考える事、美容室の売り上げを考える事、この二つを考えた時に、真逆の事をしなくてはいけない、というのは難しいものです。そうなってくると美容室が今後考えていくべきことは、いかにカラーやパーマをしても、髪の健康を守ることができるか、そのために美容師やお客さん自身が出来る事は何か、ということかもしれません。そしてお客さん自身にネットでの噂話だけではなく、正しい知識と、美容室が本当はどんな事をしていてそれがどんな影響をお客さんの髪の毛に及ぼすのか、と言う事をきちんと理解してもらわなくてはいけませんね。お客さんとのギャップが縮まれば、信頼関係も増すはずですね。