美容室の初回限定割引

テクニックがあればトーク術はらないか?

今の時代、特に女性たちが立川 美容室美容師を選ぶ基準と言うのは、テクニックだけでは無くなってきたように思います。一昔前ならばカリスマ美容師のように、テクニックやハサミ捌きが素晴らしく、そしてそういう感じの美容師たちはルックスも良い人が多く、素敵なカリスマ美容師に担当してもらってカットしてもらったのだ、というだけで、その時間も幸せであるし、仕上がりにも満足した時代だったと思います。ですがそれは美容師がとてももてはやされていた一時のブームだったのかもしれません。いまやものすごいハサミ捌きだけでは、簡単に指名を貰えるような時代ではなくなった様に思います。お客さんたちは自分の担当美容師に会えることを楽しみに、担当してもらえること自体幸せな事、という感じでいたものですが、今ではびようしつにいくのは「自分へのご褒美」とか「癒しを求めて」という女性も多いのです。ですからどんなにテクニックが素晴らしい美容師であっても接客技術やトーク術でそのお客さんを居心地悪くさせてしまうようなことがあったら、次からの指名は無いもの、と思った方が良いかもしれません。例え以前と同じようなふるまいをしたとしても、受け止め方が違ってきているんですね。以前ならばカリスマ美容師のする事であれば全てが素敵、カッコ良い、という意識があったかもしれませんが、今はそういう風に思う女性は少ないのではないでしょうか。男性だけではなく、女性たち自身も思っている事だと思うのですが、髪の毛を降ろしていて特に顔の周りにかかっている様なスタイルの場合は、その人小顔に見せる効果があると思います。ですから男性的にも「顔が小さめのかわいい子」と言うイメージが持てる様になるのだと思いますし、女性にとっても男性の目線を意識するのとは関係なく、小顔に見せるために髪の毛をダウンスタイルにしている人は良くいると思います。髪の毛が顔の周りにあることで、顔の周りに縁取りをしたような効果があるので、そうすると顔の面積が狭くなったように錯覚させることができるのです。女性のだれもが小顔に憧れていると思うのですが、男性から見てもやはり小顔の女性、というのは可愛らしいイメージがあるのかもしれませんね。顔が大きく見える、と言う事は文字通り顔が大きい、ちょっと威張った感じ、威圧的な感じ、という風に見えるのかもしれません。もちろんその人の全体的なバランスも有りますから、一概には言えませんが、やはり小顔に見える事で頭全体が小さく見えて、スタイルも良いような印象になるのかもしれません。いつもアップスタイルにしている人がある日髪を卸している姿を見た時には、急にイメージが変わったように見える事がありますが、それも顔の面積が違って見える事によって別人のように見えるのかもしれませんね。