美容室の初回限定割引

トーク術も磨く必要がある

近年美容師に求められることはテクニックやセンスだけではなくて、錦糸町 美容室に居る時間をいかに楽しく、居心地良く過ごしてもらうことができるか、と言う事も評価の対象になりうると思うのです。ですから自分は口下手で、お客さんとのトークは苦手、といっている美容師と言うのは、なかなか指名を貰えないかもしれません。美容師としてデビューした限りは、そこにはトークの技術、接客の技術、というものも成功するためには身に付けなくてはいけない技術の一つなのですね。それは単純にしゃべれればよい、というものでもありません。お客さんの中には、トークを望んでいない人もいます。そういう人の雰囲気を察知して、その人には必要な事だけ話しかける様に気配りをする事も大切です。そういう「このお客さんにはどのように接したら良いか」と言う事を察知する事や、その後にお客さんの居心地の良いようなトークを展開することができるかどうか、と言う事が大切になります。そういう技術と言うのは、カット技術のように閉店後にひたすら練習をして身につけるものではありません。実際にお客さんと接しながら経験を重ねる事で身について行くテクニックだ、と言えると思うんですね。テクニックが同じであれば、自分がここでどう過ごしたいか、を解ってくれている美容師を指名したくなるのは当然でしょう。アップスタイルが良いか、ダウンスタイルが良いか、というとロングを基本としたヘアスタイルになりますが、男性の中にはショートヘアの女性が好き、と言う人も結構多いようです。ショートヘアというのはスタイルにもよりますが、女性にとっては可愛らしいイメージになる場合が多いですね。快活なイメージや明るいイメージがつくものです。ただ男性によっては女性の髪をかきあげるしぐさが好きだ、とか、サイドの髪を耳にかける時のしぐさがかわいい、とか言うようですね。そうなると少なくともサイドの髪の毛は耳に架けることができる程度はキープしておいた方が男性ウケは良いのかもしれませんね。もちろん今どき男性の目線ばかりを意識して、自分のヘアスタイルを決めているような女性は少ないと思いすから、ショートでもロングでも、自分が似合う、と思うスタイルを楽しんでいる女性の方が多いと思いますね。ショートヘアにしている人は、あまりアレンジが出来ないのが女性自身もちょっと物足りない、と思っている人が多いかもしれません。それにくらべてロングヘアの人はアレンジがたくさんできるので、アップにしたり降ろしたり、と言う変化を付ける事が出来るので、男性にとっては新鮮味のあるスタイルを見る事ができるので魅力的なのかもしれません。